Now Loading...

Now Loading...


土壌汚染の調査から対策まで
ベントナイト販売
どんな時に土壌汚染調査が必要?

有害物質を使用している工場や施設を廃止するときは土壌汚染調査が必要です。

こんな時には土壌調査を
土壌汚染対策の実施方法とは

舗装や盛土による封じ込め(管理型)や浄化・掘削除去の(除去型)があります。

土壌汚染対策の実施方法
有害物質の種類と指定基準

有害物質の種類と用途、土壌の汚染状態に関する基準についての一覧表です。

有害物質の種類と指定基準

一貫施工だから実現できるコストと工期、確実な調査・対策。

環境保全クリエイトは土壌汚染対策法に基づく指定を受けた調査機関(指定調査機関)です。

汚染調査から対策まで一貫施工だから明確なコスト・工期、確実な調査・対策が実現できます。


調査から対策までの流れ
地歴調査

土壌汚染のおそれはあるか?

対象の土地で、有害物質が土壌汚染の原因となるような使われ方をしていなかったかを、 過去の地図空中写真登記簿等の資料から把握します。

表層土壌調査

どのような物質が存在しているか(範囲・濃度)

地表付近の土壌中から採取したガスや、採取した土壌を分析し有害物質が存在する範囲と濃度(平面分布)を把握します。

土壌詳細調査

どのように分布しているか(深度・地層・地下水)

概況調査で基準値を超える有害物質が見つかった場合は、ボーリングマシン等で各深度の土壌を採取・分析し、汚染状況の深度分布を把握します。

対策工事

土壌汚染状態に応じた対策

対策方法は、土壌含有量基準値を超えた場合と、土壌溶出量基準値を超えた場合とで採用できる対策が異なります。

Plannning
Consulting
Purification

土壌調査から対策工事までの流れ


事業案内

土壌調査分析・コンサルティング

適合基準に準じ、地歴・表層調査を経て詳細調査を行います。

・調査分析
・コスト・工期・対策方法などの提案
・コンサルティング

ご相談ください。
・汚染物質が複数ある・濃度が高い
・深くて広範囲の汚染
・対策が難しい物質、粘土質の土壌

計画(土壌汚染対策方法の企画設計)

調査結果をもとに、汚染状況に応じた土壌汚染対策計画をたてます。

・汚染対策方法の決定
・コスト・工期の決定


計画(土壌汚染対策方法の企画設計)

土壌汚染対策(土壌浄化工事・管理/モニタリング)

計画に準じて土壌汚染対策を実施します。

・除去型
(生物的分解・化学的分解、洗浄・除去)
・管理型
(不溶化・封じ込め等)


計画(土壌汚染対策方法の企画設計)

環境保全クリエイト/土壌汚染対策法 指定調査機関(環境省)土壌汚染の調査から浄化まで(栃木県矢板市)

土壌汚染対策法 指定調査機関(環境省)
環境整備に関する調査および企画・設計・監理・コンサルタント
調査計画立案から土壌汚染対策・モニタリングまでの一括監理

会社案内 設備・調査機器